探偵についてあなたはどんなことを知っていますか?

探偵ってどんなことをする?探偵の意味を解説

このサイトでは、キングサイズの服や靴探しで困っている人の手助けをするため、キングサイズの物を簡単に探すことができる方法や、ネット通販のサイズ選びで失敗しないための方法を紹介しています。

 

今回は、当サイト名「キングサイズ探偵団」の由来にもなりました“探偵”について解説していきたいと思います。
探偵とは一体どんな仕事をしているのか、一緒に見ていきましょう。

 

探偵という言葉の意味

探偵の言葉の意味

 

まず最初に、知っているとは思いますが、一応探偵の意味を解説します。
アニメや映画でよく聞く言葉でしょう。

 

探偵は、「他人の行動や秘密を探ること」を職業としている人を指します。
名探偵なら素晴らしい探偵のことを言います。

 

当サイト「キングサイズ探偵団」は、キングサイズの物を探すサイトなので、探偵という言葉をサイト名につけました。

 

参考:探偵(たんてい)とは何? わかりやすく解説 Weblio辞書

 

架空の探偵と実際の探偵

次に、架空の探偵と実際の探偵の違いを紹介します。
架空の探偵といえばシャーロック・ホームズが代表的です。
日本の架空の名探偵なら、明智小五郎とか金田一耕介などがいます。

 

架空の探偵は、そのほとんどが警察に捜査協力を依頼されて一緒に捜査するという描写があります。
ですが、実際の探偵が警察と相談して捜査を行うことはありません。合同捜査もないですし、そもそも協力することもほとんどありません。
あるとしたら、探偵が盗聴器を発見したときに警察に状況を説明するときくらいではないでしょうか。

 

 

 

 

また、架空の探偵は、なんらかの分野のスペシャリストとなって○○探偵と名乗ったり、呼称されることがあります。
もしくは、その風体からそのまま○○探偵と呼ばれていることもあります。

 

貴族探偵という小説原作のドラマでは、貴族風の紳士が事件のなぞ解きをしています。
マニアックなところなら、他人の悪夢に入り込める悪夢探偵・影沼京一、昆虫の話を聞くことができる昆虫探偵ヨシダヨシミなどがいますが、ご存じでしょうか? 面白いのでみてみてください。

 

しかし、実際の探偵は、自分を○○探偵と名乗ることは、ほとんどありません。
有るとすれば「浮気調査に特化した探偵」などでしょう。

 

 

現実の探偵が引き受ける調査とは?

架空の探偵は、事件の推理をしますが、現実の探偵は推論を立てることなく、着々と調査をします。

 

では、どんな調査を引き受けているのか、簡単に説明します。

 

1つ目は、探偵が最も多く行う調査「浮気調査」です。
浮気調査とは、その名の通り、浮気をしているかを確認する調査です。
尾行や張り込み、撮影をして、浮気の証拠を掴みます。

 

2つ目は「素行調査」です。
素行とは、普段の行いのことを言います。つまり、普段の行いを確認する調査です。
尾行や張り込み、聞き込み、撮影などを用いて調査します。素行だけでなく、対象者の人間関係や性格を調べることもできます。

 

3つ目は「盗聴器(盗撮機)発見調査」です。
テレビの特集で、盗聴器や盗撮機を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
盗聴器や盗撮機は、直接目にすることがないでしょうが、実際には、簡単に手に入ります。
しかし、盗聴器や盗撮機を見つけたり、取り外したりすることは簡単ではありません。
探偵は、特別な機械を使って盗聴器や盗撮機を見つけ出し、取り外すことができます。

 

参考:探偵社とは?探偵の役割から調査の内容まで

 

 

現実世界で私立探偵になるには?

探偵になるには

 

現実の世界では、探偵自体には簡単になることができます。
ただ、私立探偵になるなら独立開業が必須です。
現実で探偵事務所を開業するには、3通りの方法があります。

 

@探偵社に入社して経験を積んでから開業

探偵社に入社し、探偵事務所を開業するための知識や能力を得るという方法です。
探偵社に入社するために必須な資格はありませんので、入社自体はそう難しくはないしょう。しかし、車を使う場面が多いので、運転免許取得を条件にしている探偵社がほとんどです。

 

A探偵学校に入学して基礎を身につけてから開業

必ずしも、探偵社に入社してからでないと、開業できないわけではありません。
探偵学校に入社し、探偵についての基礎を身につけてから開業することも可能です。

 

Bいきなり探偵事務所を開業

探偵社・探偵学校に入らなくても、探偵事務所を開業することができます。
つまりすぐにでも私立探偵になれるのです。

 

しかし、探偵についての知識や能力がない状態で探偵事務所を開業するのは、おすすめできません。
なぜなら、開業自体は簡単でも、その後の営業が不安定になるからです。調査に必要な機材や必要な従業員の数などがわからなければ、業務に支障がでるでしょう。

 

 

 

また、探偵は「探偵業法」という法律に基づいて業務を行うことが義務付けられており、探偵業法に反する行為を行ってしまった場合、罰金や営業停止などの処罰を受けてしまいます。つまり、そもそも探偵についての知識がなければ、私立探偵になるのは困難といえます。

 

 

 

このように、私立探偵になる方法はたくさんあります。
ただ、どの方法であっても、「探偵業開始届出書」を警察の公安委員会に提出しなければなりません。この届出を出さずに業務をおこなってしまった場合、罰せられてしまいますので注意しましょう。