大きいサイズでもフィットした物を選ぶための体の測り方

体のサイズの測り方

女性の場合は服のサイズをシッカリと比べて、自分のサイズであるか注意して服を選ぶと思います。タブーになってしまうかもしれませんが、体のサイズはとてもデリケートな問題で、女性なら誰でも気にしてしまいます。そのためか、体の正しいサイズの測り方について知識を持っている人が多いのですが、男性の場合には、体のサイズの測り方を知らないという人は多いと思ます。

 

まず、男性に知っておいて貰いたいのは、服のサイズと体のサイズは違うということです。
サイズ表示に「実寸」や「ヌードサイズ」といった言葉を目にしたことがあると思います。実寸とは、服を着た状態ではなく、服そのもののサイズを表示しています。そして、ヌードサイズは服を着ていないときの体のサイズを表示しているのです。

 

実寸で表示されているときには、実際に服を着たときの服のサイズと、体のサイズがマッチしないことも多く、このサイズで大丈夫と思って購入したら、サイズが小さかったということが発生してしまいます。

 

そこで、自分のヌードサイズを性格に知っておく必要があります。
測っておく必要があるのは、シャツの場合では、首周りと袖丈を測る必要があります。
シャツのサイズ表示はSMLといった表示でされていることがありますが、首周りがどれぐらいの大きさなのか把握しておかないと窮屈に感じてしまいます。
また、袖丈も肩幅や腕の長さでサイズ表示のものとは違いがあるのでちゃんと測っておく必要があります。