店頭で大きなサイズを誰よりも早く購入する方法。キングサイズ探偵団

店頭で大きなサイズを探す

大きなサイズの服を買いに12月に店頭へ行ってみたが、もう大きなサイズは残っていなかった。

 

冬服を購入するとき、そんな経験をしたことありませんか?特に男性の場合、服を購入するときに、準備をあまりせずに店頭へ購入しにいくことが多いので、師走になって冬服を買いにいくこともあります。

 

しかし、大きなサイズのジャケットを購入しようと考えて店頭に行ってもほとんどのサイズが売り切れで残っているのはわずか…。その理由として、冬服の購入時期を間違っているということがあります。

 

店頭など、ブティックやショップは服の入れ替え時期が、その服の適した時期の数ヶ月前から準備、入荷されているケースがほとんどです。

 

例えば、先ほどの冬服も、まだ陽気な9月末から10月いっぱいの間が、新しい冬服が入ってくる時期になります。女性の場合には、こういった時期に敏感で、事前に調べて購入しようとするのですが、男性の場合、でたとこ勝負の傾向が強く知らない人もいると思います。

 

そして、それぞれ春服、夏服、秋服の新作が店頭に並ぶ時期も冬服のように早くなっています。
春服の場合には、1月中旬から店頭で並んでおり、3月には夏服が店頭に並ぶようになります。
そして、秋服は7月中旬から店頭に並び、10月には冬服に切り替わってしまいます。
そのショップの方針であったり、またはブランドの方針で、これらの時期が前後することもありますが、大抵はこの時期に新しい服が店頭に並ぶので、大きなサイズの服を購入しようと思うなら、それぞれの1ヵ月前には、お店に入荷される日を知っておけば、間違いなく手に入れることが出来ると思います。